えいご皮フ科

イメージ画像

THIS WEEK'S MESSAGE

ニキビの治療

2016.07.25

2016年の今年、ニキビの治療に対する考え方、いわゆるガイドライン(日本皮膚科学会作成)が大きく変わりました。
ニキビは一旦できてしまうと瘢痕になる可能性があります。瘢痕は一生涯にわたる悩みとなるため、できる限り早期の治療または予防が必要です。
いくつかの新しい薬が使用できるようになり、治療の選択肢が増えました。
今までは病気とされなかったにきびの前段階を病気の始まりととらえて、正しいケアすることでよりよいニキビ治療が可能となりました。
当ホームページの診療案内のニキビの内容を変更しました。
ニキビ治療でお悩みの方は、参考にご覧ください。

奈良院 医院写真

奈良院

0742-20-8500

〒630-8122
奈良市三条本町1-2JR奈良駅NKビル3階

INFORMATION

京都院 医院写真

京都院

075-257-4112

〒604-0942
京都市中京区御池大東町596

INFORMATION

TOP